新商品「スマタテペン」をアップしました。もらうと嬉しいそのわけは?

ノベルティの基本、それは「いつも使っていただけるもの」ということ。

せっかく作って配っても、使えないものをあげたのでは、社名やサービス名、商品名などの名入れを見ていただけません。

そう考えますと、この商品はまさにこの時代に最も喜ばれるものかもしれません。

まず、ペンであること。ペンを使わない人はいませんので、便利。

次に、スタイラスペンでもあること。スマホを指で操作するとミスタッチしてしまう人や、コロナ禍で不特定多数の人が触るタッチパネルを触りたくない人に、便利。

そして、スマホスタンドであること!テーブルでスマホを観ることも多いと思いますが、ずっと手で持っていると、他の作業ができませんね。理想の角度を保つため、何かに立てかけたりすると、ズルズルと倒れてしまったり、、、そして一番助かるのが外でスマホ映画を観る時です。カフェとか、新幹線のテーブルとか、スマホを固定したいときありますよね。超便利!

これはもらったら本当にうれしいですよね。絶えず持ち歩いてもらえるのではないでしょうか。ということは、ノベルティとしての効果も高いということですね。

ピンときたら、スマタテペンの詳細、こちらからどうぞ。

>>スマタテペン名入れノベルティページ

ABOUTこの記事をかいた人

1971年名古屋生まれ。金沢大学卒業後に興和株式会社に入社、繊維、IT、光学機器の営業職を経験。その後、興和時代の先輩の家業である渋谷の老舗文具店つばめやにて通販部門を中心に担当。2017年にのれん分けの形で名入れノベルティ部門を継承。ノベルティ研究所を設立。 2012年より文具朝活会を継続、だいたひかるさんと年4回文具祭りを主催。扶桑社『文房具屋さん大賞』審査員長。新しい文具製作委員会事務局長。