【未来キッズプロジェクト】被災地南相馬のこどもたち向けのイベントに記念品提供をいたします。ごいっしょいただける方、企業様を募集!

未来キッズプロジェクト

福島の現在

わたくしの友人に、神奈川県秦野市の不動産会社の社長で、福嶋さんという方がいらっしゃるのですが、まぁアツい男でして。
浜田省吾とスティーブ・ジョブズが好きすぎて、ジーンズしかはかないという人なのですが、見た目だけじゃなくて、震災直後から現地に赴いて支援活動を継続している、本当にアツい人です。

でもって、ご存知でした?(わたくしは知りませんでした。)

東北地震の被災地、いろんなことが落ち着きつつあるように見える現在も、例えば福島県南相馬のこどもたちはまだ海にも入れないし、線量の高い箇所もまだまだ多く、自由に外で遊ぶことさえままならない状況です。

こどもだけでなく、親も精神的に疲弊しているようです。
大人の事情で言いたいことも言えず、現地で話を聞くと、辛い胸の内を明かす人も多いそうです。

未来キッズプロジェクト

そんな南相馬の親子を、無料で秦野に招いて、日常を忘れて思いっきり遊んでもらう、保養プログラムを福嶋さんのグループは続けており、今年は9月の半ばに開催となります。

地元神奈川を中心として、日ごろのバザーなどからの収益や、企業、個人からの協賛で資金を調達しています。

>>未来キッズプロジェクト

下のチラシは、秦野、南相馬の市長まで話を通して、ピンクのほうは南相馬の全小学校に、ブルーの方は秦野の小学校すべてに配布されました。(両市の教育委員会の後援を受けています)

秦野の小学校に配布されたほうは、南相馬のこどもたちといっしょに遊ぼうというプログラムです。迎える側も市をあげてやります!ということですね。

南相馬に配布されたチラシ 秦野で配布されたチラシ

その結果、配布後すぐに応募があり、もうどちらも定員に達しています。

ノベルティ研究所もお手伝いしたい!

・・・というお話を聞きまして、ノベルティ研究所としても何かお手伝いできないかと考えました。
それで、もう勘のいい方はお察しだと思うのですが、記念のペンを作ってプレゼントすることにしたというわけです。

手描きのほのぼのとしたロゴを入れて、南相馬と秦野の友情の証になればいいなと。
いつまでも記憶に留めておくのに、何か物があったほうがいいですしね。

普通なら以上ご報告でした!となるのですが、せっかくなので弊社だけで終わるのももったいないというか、もし「うちも何か協賛するよ!」という方がいらっしゃいましたら、ごいっしょしませんか?というお話です。
できれば文具的なものが望ましいです。セットで袋に詰めてあげられるので。でもこどもたちが喜びそうなものでしたら、何でもウェルカムではあります。

ロゴなどの名入れがあったほうがいいですが、時間もないですのでなくてもOKです。
数量は、参加者両県合計で130人分。

協賛社様は、もちろん福嶋さんからサイトなどでご紹介していただきますし、プログラムのしおりなどにも掲載される予定です。
もし、われこそはという方がいらっしゃいましたら、ぜひ問い合わせフォームからお願いいたします。(ロゴデータなどもお渡しできます。)

そうそう、もしメディア、マスコミの方もご覧になっていましたら、取材のご検討など重ねてよろしくお願いいたします。

未来キッズプロジェクト

ABOUTこの記事をかいた人

1971年名古屋生まれ。金沢大学卒業後に興和株式会社に入社、繊維、IT、光学機器の営業職を経験。その後、興和時代の先輩の家業である渋谷の老舗文具店つばめやにて通販部門を中心に担当。2017年にのれん分けの形で名入れノベルティ部門を継承。ノベルティ研究所を設立。
2012年より文具朝活会を継続、だいたひかるさんと年4回文具祭りを主催。扶桑社『文房具屋さん大賞』審査員。