卒業記念品などをお作りになる学校関係者様、PTAの皆様へ。

 

この度は、数あるノベルティ関連サイトの中から当研究所のサイトを訪問いただきまして、ありがとうございます。

毎年、秋には周年記念品(なぜか学校の周年行事は秋に行われることが多いですね)、また年末から春にかけて、卒業記念品のご依頼が増える季節となります。

その中で、よくお受けする質問内容がございますので、先にこのページでご説明させていただきます。

名入れペンの種類

名入れペンと一口に言っても、大きく2種類ございます。同じ内容(ロゴなど)を印刷で名入れするものと、個別に違う内容(名前など)を彫刻で名入れするものです。

当サイトの名入れは、基本的に同じ内容を印刷で名入れする方法になります。

同じ内容を印刷する名入れ

いわゆるノベルティと呼ばれるものの多くは、この方法です。ロゴや会社名をはじめ、電話番号やサイトのURLなどを印刷するお客様が多いです。(もちろんその他の内容でもOKです。自由です。)

記念品の場合ですと、「〇〇年卒業記念 〇〇小学校」とか、「△△高校 創立△△周年」という感じですね。ちなみに最近は、普段からガチでペンを使ってもらうために、日本語ではなく英語表記でオシャレに印刷されるお客様も増えてきました。

ジェットストリーム4+1

卒業記念品の例:北野小学校PTA様

また、高校などでは、ロゴや校名を印刷して、学園祭の模擬店でオリジナルグッズとして販売するお客様もいらっしゃいます。倍くらいの値段で即完売しちゃうそうですよ~。(わたくしも売りたい!)

というわけで、この方法は印刷する場所さえあれば、ペン本体の材質を選ばず、ほとんどのものに名入れができます。

印刷の方法もいくつかあり、内容によって異なります。何かお分かりにならないことがあれば、なんでもご相談ください。(名入れ作業は印刷工場さんにやっていただいておりますので、わたくしの仕事は、お客様からの質問にお答えし、最適なノベルティ作りへのご案内をすることだけなのです。お気軽にどうぞ。)

個別に違う内容を彫刻する名入れ

最近、増えているご相談がこの、個別に違う内容を彫刻で名入れしたい、というものです。少子化で、児童生徒さんの数はどんどん減っており、印刷名入れのロットに満たない学年が増えているからだそうです。版代を少人数で割ることを考えたら、彫刻名入れのほうが安い場合があるというわけです。

彫刻というと、印刷に比べ仰々しい印象を受けますが、今どきの名入れ彫刻はコンピューター制御のレーザー彫刻もしくは機械彫りであります。ペン本体が金属もしくは木製(プラスティックなどの樹脂は不向き)であれば、機械任せでできるようになっています。

三菱鉛筆カタログ

彫刻例:三菱鉛筆さんのカタログより

印刷と彫刻の違い

そこでご説明をしておきたいのが、印刷名入れと彫刻名入れのコストのお話です。

印刷というのはそもそも、同じものをたくさん作るために考え出された技術です。版を作り、そこにインクを投入してコピーしていきます。しかしこの版というのが、逆に個別の名入れをしたい場合には、ネックになります。

もし、名前などの個別の内容を印刷で名入れしたい場合には、ひとりにつきひとつの版を作らなければなりません。名入れペン印刷の版代は、小さいですが手間は大きなものと同じですから、シルク印刷でもパット印刷でも平均で5,000円ほどします。

つまり、名前を個別で名入れ印刷をすると、それだけでひとり5,000円以上かかってしまうのです。

それに比べ、レーザー彫刻の場合、名入れ料金はメーカー平均300円ほど。ロゴなどの図形は基本的に入れられない(別途料金で可能な場合もあります)ことと、フォント(書体)も数種類に限られるという条件はありますが、版を作らなくてもよいので、このような値段でできます。

以上まとめますと、金属ボディもしくは木製ボディのペンで、1本あたりの彫り名入れ料金が300円ほどかかってもよろしければ、個別の名入れをお受けできるということです。どのペンにどういった内容(名前など)の名入れをしたいかをお問い合わせいただければ、お見積りをいたします。

パイロット三菱鉛筆ゼブラぺんてるプラチナトンボサクラクレパスセーラーなど、国内のペンメーカーさんの商品であれば、どれでもお取り扱い可能です。彫刻料金は各社で異なりますが、メーカーさんによってはプラスティック系の樹脂のペンにも彫り名入れすることができますので、気になる品番がありましたらお問い合わせください。

個包装について

卒業記念、周年記念などの場合、のし箱を利用されるお客様が非常に多いです。ある程度かしこまった雰囲気を出したいときにはおススメいたします。

ジェットストリーム4&1

のし箱の例:花畑中学校様

その他は、のし袋や、ペンによってはメーカーさんが化粧箱を用意している品番もあります。(詳しくはこちらで)

記念品ですので、個包装も大切な要素です。しっかりご案内いたしますので、迷ったときはお気軽にご相談ください。

卒業記念品で人気の品番

小学校ご卒業の場合は、中学校から晴れてシャープペンシルを使えるようになるということで、圧倒的にシャーペンが人気です。

中でも、書くたびに芯が回転して尖り続けるクルトガと、芯が絶対折れないので集中力が持続するデルガードが最もご注文が多い品番です。また、最近は中学校でノートも評価の対象になるということで、きれいなノート作りに欠かせない細字のシャープペンシルということで、0.2mmや0.3mmのオレンズも注目されています。

クルトガ卒業記念品の例

クルトガの例:府中第九小学校様、祖師谷小学校様

また、スルスルとなめらかな書き味で相変わらず大人気のジェットストリーム4&1(4色ボールペン+シャープ)も、高級感がありながらお値打ち価格ということで、少しフォーマルな会などで重宝していただいております。