【ゼブラ/名入れ枡】メルカリで大昔の販売店向けノベルティ?を見つけました。

ゼブラの枡

フリマアプリのメルカリ、利用されている方も多いのではないでしょうか。

わたくし物欲があまりないので買うよりも売る方が多い感じなのですが、最近、新たな楽しみを見つけまして。

それは、時代物のレアな一品を探すこと。

基本的にみなさん要らないものを売るわけですから、実はおもしろいものが結構出てまして。

そうしましたら、こんなものがあったのです。ゼブラさんが昔、販売店さんに配ったと思われる、ノベルティの名入れ枡。

ゼブラの名入れ枡

どうして古いと思ったかですが、このロゴですよね。

現在は英字のロゴですが、昔はカタカナで、こんな感じでした。これを枡の雰囲気で勘亭流的なフォントにするとこうなるのではと。

濁音の点々があまりデザインされていない感じも昔っぽいかなと思った点です。(笑)

ゼブラのノベルティ枡

そしてこれ、さすがに一般客向けには配らないですよね。

熱血営業マンが多いゼブラさんですから、得意先の小売店さん(文具店さん)にプレゼントするように作られたのではないか?

というわけで、ゼブラが大昔に販売店さんに配ったと思われると勝手に推理いたしました。

ちなみに、古いわりには、木の香りが抜けていなかったので、まさかの「実は案外新しいもの」の可能性もあります。

でも、ここ10年ほどのものでしたら、わたくしも現場で目にしているはずですので、それはないのかなと。

洗って、日本酒入れて飲んでみましたが、やはり枡酒はいいですね。コップ酒より美味しく感じます。

そうそう、枡は、洗剤で洗うと木の香りなどが飛んでしまうので、使ったらすぐに塩などでささっと清め洗いして乾かすのがポイントだそうですよ。

焼き印の名入れ枡、当ノベルティ研究所でも裏メニューでお作りできます。ご興味ある方は、お問い合わせください。

(10/3追記)よく見たら、メルカリの説明文に「文具店を営んでいた祖父のもの」とありました。福岡県の方です。やはりかなりの年代物ですね。

ゼブラの枡

ABOUTこの記事をかいた人

1971年名古屋生まれ。金沢大学卒業後に興和株式会社に入社、繊維、IT、光学機器の営業職を経験。その後、興和時代の先輩の家業である渋谷の老舗文具店つばめやにて通販部門を中心に担当。2017年にのれん分けの形で名入れノベルティ部門を継承。ノベルティ研究所を設立。 2012年より文具朝活会を継続、だいたひかるさんと年4回文具祭りを主催。扶桑社『文房具屋さん大賞』審査員。